目黒で評判のホルモン焼き


by horumon_mg

目黒ホルモン焼肉 なでしこジャパンの強さの源は“大食い”にあった?

ロンドン五輪最終予選が9月1日から始まる女子サッカー日本代表“なでしこジャパン”。8月19日には国立競技場で、なでしこリーグ選抜と強化試合を行ない、その入場料収入の一部が東日本大震災の被災地に寄付されることも発表された。

 W杯では、ドイツ、スウェーデン、アメリカなど圧倒的に体格差のあるチームを次々と撃破したなでしこジャパン。平均身長164cm、最も高い選手でもDF熊谷紗希の172cmという小さな彼女たちのパワーはどこから生まれるのか? MF澤穂希、FW大野忍、GK海堀あゆみ、DF近賀ゆかり、MF田中明日菜、FW川澄奈穂美、FW高瀬愛実という代表選手7人を送り込んだINAC神戸レオネッサの選手たちが買い物をする地元商店街、大安亭市場(神戸市中央区)で取材したところ、彼女たちの“食”に関するさまざまなエピソードを聞くことができた。

「澤さんがよく買うのは100g100円の豚小間肉や100g130円の豚ミンチ肉」(「ミートのマエダ」奥藤英和店主)

「夕方の安売りを狙って来ますね。みんな買い物上手ですわ」(「フルーツのながお」長尾賢一店主)

 無駄遣いはせず、女性らしい堅実な生活ぶりがうかがえる。そして人気の焼き肉店では、驚愕の大食いエピソードも。

「初めて選手が来たのは約2年前。川澄とか海堀とか、みんな酒も飲まずに5人前、6人前とひたすら食べるから変やなと(笑)」(「立呑み処七輪炭火ホルモン田でん」松永英樹店主)

 今年1月には海堀ら6人で肉8kg、米1升半、うどん8玉をたいらげたという。

「最後は米が足りなくなって、近くの弁当店から調達して間に合わせたくらい。以来、彼女たちも気を使って炊飯器ごと炊いたご飯を持参するようになりました(笑)」(松永店主)

 小さな体で店の米を食べ尽くす食欲。これが世界一の走力の源だったのだ

川崎ホルモン焼肉

伊勢崎ホルモン焼肉

横浜ホルモン焼肉

目黒ホルモン焼肉

神戸ホルモン焼肉

自由が丘ホルモン焼肉

上野ホルモン焼肉
[PR]
by horumon_mg | 2011-09-20 02:32